節税のための投資

背広の人

不動産投資は難易度が高い

ワンルームマンション投資を実行することで節税を行うことができますが、今までやったことが無い人には難易度が高いといえます。マンション投資というのは税金を支払う必要がなくな手しまうわけではなく、むしろかかる税金の種類が増えてしまうのです。それなのになぜ節税につながるのかというと、やはり家賃収入という不労所得が深く関わってきます。つまり支払う税金が増えてもそれ以上に所得が増え、さらに経済の景気不景気にも柔軟な対応が取れるのです。長期的に支払う税金が減り、所得を得ることが出来るので資産運用としてワンルームマンション投資はメリットが大きいといえます。しかし、発生するリスクは大きく、様々なトラブルの可能性が存在するので素人は必ずコンサルタントと契約しましょう。マンション投資は特別なスキルを必要としませんが、家賃滞納や設備の故障など多くのリスクが存在します。決して何もしなくてもお金が入ってくるわけではありません。なのでマンションの管理運営を代理人に実行してもらい、コストをかけていかなければなりません。こういった観点で見ると節税というのは間違いではありませんが、どちらかというと新しく事業を始めるというほうが正しいです。不動産を購入することで赤字になり、税を支払う義務がなくなるというのはメリットですが、それと同時に新しい苦労の始まりと言えます。しっかりと覚悟を決めてワンルームマンションの管理をがんばっていくと、資産運用としての節税は成功するでしょう。