安心・手軽な賃貸経営

ウーマン

新築以外にも適用可能

サブリースといえば、賃貸住宅を長期にわたって安定的に経営できるシステムとして注目されています。サブリースは、オーナーが自ら保有するアパート等を不動産管理会社に賃貸し、さらに管理会社が入居者に転貸することで物件を運用するというシステムです。オーナーにとっては、入居者との間に直接の契約関係が発生しないことから、入退去の手続きや家賃の収納、物件のメンテナンスといった日常業務をすべて管理会社に任せておけるというメリットがあります。加えて、実際の稼働率に関係なく一定の賃料が保証されることで、収益の安定化にも役立ちます。このサブリースですが、通常は新築物件が対象となります。というのも、サブリースを取り扱っている管理会社は建設会社の関連企業であることが多いからです。しかし最近では、既存物件のサブリースを手がける業者も増えてきています。既存物件にサブリースを適用する場合、すでに保有しているアパートや相続によって入手したアパートであれば、その物件がそのまま対象となります。一方、これから売りアパートを購入するというのであれば、購入前に管理会社に相談すれば、サブリース向きの物件選びについてアドバイスしてもらえます。所有済物件・購入物件とも、リフォームが必要になるケースがあります。導入に際しては、まずオーナーと管理会社の間でマスターリース契約を結び、続いて募集に応じた入居者との間に転貸借契約を結びます。オーナーチェンジの場合は、入居済のテナントとの間で契約の変更を行います。