積み木と紙幣

支出を意識しよう

マンション経営における優良物件の条件としてまず挙げられることが、空室リスクの小ささです。しかし、空室リスクの小さい物件さえ選べばよいというものではありません。その物件の修繕状況についてもしっかりと確認しておきましょう。

ウーマン

安心・手軽な賃貸経営

サブリースは、転貸システムを取り入れることで賃貸住宅を安定的に運営する手法です。不動産管理会社に物件をリースし、賃料だけを受け取ればいいという手軽さから、オーナーの間で人気があります。既存物件にも適用できるので、相続等によってアパートを手に入れたが経営ノウハウがない、という人にも安心です。

背広の人

節税のための投資

ワンルームマンション投資を行うことで赤字になり、支払う税金を無くすことによって節税を行うことが可能です。しかし、それは同時に新しいマンションの経営という事業を始めるということでもあるので、しっかり覚悟して投資を始めましょう。

マンション経営の修正

集合住宅

解約と選定のやり方

マンション経営を行う際、もはやマンション管理会社に業務委託することは常識となっています。そうすることで、実質、ほぼノータッチでマンション経営ができることになりますが、そのことを裏返せば、マンション経営が成功するか否かは、マンション管理会社次第だということになります。従って、もし現状、マンション経営が上手く行っていないようでしたら、マンション管理会社を変更することが有効な手段となります。もちろん、その仕事振りに明らかに不満を感じるのであれば、変更すべきです。現行のマンション管理会社がデベロッパー系と呼ばれる物件の関連会社だったとしても、変更することは可能です。では、どのように変更するのかというと、まずは新たなマンション管理会社の選定を行い、そして現行のマンション管理会社との契約を解約するという手順となります。新たなマンション管理会社が見つからなければ、マンション管理会社が不在の時期ができる恐れがありますから、そうした方が良いというわけです。もっとも、現行のマンション管理会社との契約を、直ちに解約できるものではないのです。解約するという通知は、一般的には3カ月前に行う必要があります。但し、契約書に解約に関する記載があるのでしたら、そちらが優先されることになりますから、必ず契約証は確認しておくべきです。もちろん、新たなマンション管理会社の選定も重要です。1社ではなく、複数社に声をかけて話を聞き、こちらの要望も伝えるべきです。そうしなければ、変更した意味がないということになってしまうこともあります。